お知らせ

投稿日:

【八角堂】

年明けより、化粧材の加工を行っております(^^)写真は八角堂の柱、八角堂だから八角形?ではなくこれから丸柱になっていきます。
丸柱の基本は正八角形から正16角形、正24角形、正32角形と倍数で角の一面を小さくしていきます。
分かりやすく言えば角を潰していけば丸くなるということ、正確な丸を作るにはまず始めの正八角形が正確ではないといけません(^^)
最近は大型の旋盤にての丸柱加工機があります。
確かに正確な丸柱は出来るのですが、手作業で丸める丸柱と旋盤での丸柱ではまるで仕上がりが違ってきます。
文面では何がどのように違うのか伝え難しいのですが、実物を見てみれば一目瞭然です。
風合いが格段と違うと言えばいいのですかね(^^)
矛盾しますが、ど正確な物より限り無く正確に近い不正確な物の方が良い場合があります。
これも、手仕事しか作りだせない良い事ですかね(^-^)

株式会社内柳(うちりゅう)
〒368-0005 埼玉県秩父市大野原351-1
TEL:0494-23-1118
FAX:0494-26-5118

この記事を書いた人

カテゴリー お知らせ

関連記事

芯棒寄贈

芯棒寄贈

令和元年 秩父夜祭六町囃子手26名より市民の方、観光で来られた方に実際に祭で使用した山車の重要部材を …

謹賀新年

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。 新春を寿ぎ 謹んでごあいさつ申し上げます 旧年中は格別のご厚情 …