お知らせ

投稿日:

【繕い】

日本の文化財建造物の修理方法は、できる限り古材を使い、傷んだ所だけを新しい材料で補修します。

そうする事によって、文化財としての価値を損ねないようにする事ができます。

古材と同じ材種の材料を使い、なるだけ木目を合わせる様に配慮し、最終的には古色塗装を施し納めます。

繕い作業は、手間のかかる作業です。
新しい材料で納めてしまったのが、時間も短縮できますが。

こういった地道な作業が、建物の価値を下げずに後世に残していける仕事だと思います。

株式会社内柳(うちりゅう)
〒368-0005 埼玉県秩父市大野原351-1
TEL:0494-23-1118
FAX:0494-26-5118

この記事を書いた人

カテゴリー お知らせ

関連記事

今宮神社龍神祭

今宮神社龍神祭

「初春の令月にして、気淑く風和らぎ」 昨日まで風強く寒い天気でしたが、 本日は、「令和」の梅花の歌を …

【弊社手拭い新色】

【弊社手拭い新色】

新年に向けての準備。挨拶まわりにお配りさせて頂く、弊社の手拭いが今回も仕上がりました♪毎回手拭いの色 …

即位礼正殿の儀

即位礼正殿の儀

陛下の御言葉のなかに上皇陛下に寄せる 「いかなるときも国民と共に苦楽を共にし」の部分で思わず目を潤ま …

最近の投稿

2022/09/28

【消防団協力事業所】

2022/08/11

【200年振りの再上棟】

2022/07/27

【継手】

2022/07/13

『献花』

2022/06/20

【調査業務】