お知らせ

投稿日:

【繕い】

日本の文化財建造物の修理方法は、できる限り古材を使い、傷んだ所だけを新しい材料で補修します。

そうする事によって、文化財としての価値を損ねないようにする事ができます。

古材と同じ材種の材料を使い、なるだけ木目を合わせる様に配慮し、最終的には古色塗装を施し納めます。

繕い作業は、手間のかかる作業です。
新しい材料で納めてしまったのが、時間も短縮できますが。

こういった地道な作業が、建物の価値を下げずに後世に残していける仕事だと思います。

株式会社内柳(うちりゅう)
〒368-0005 埼玉県秩父市大野原351-1
TEL:0494-23-1118
FAX:0494-26-5118

この記事を書いた人

カテゴリー お知らせ

関連記事

【相続登記の義務化】

【相続登記の義務化】

ここ最近ニュースで取り上げがありましたが、空家等放置され危険な状態の建物など所有者不明な建物の相続人 …

今宮神社様竣工写真

今宮神社様竣工写真

今宮神社様の竣工写真を納品して頂きました(^-^)! 外観・内観共に観やすく撮って頂き、建物の規模や …

【棟梁研修】1/10

【棟梁研修】1/10

松の内は過ぎましたが、明けましておめでとうございます。 日伝建.前期・後期・棟梁研修。3年に渡る研修 …

最近の投稿

2024/03/30

【大型家具】

2024/03/20

【家具屋さん】

2024/02/14

【手摺り】

2023/12/28

【仕事納め・辰年絵馬】

2023/12/23

【埋木】