お知らせ

投稿日:

【繕い】

日本の文化財建造物の修理方法は、できる限り古材を使い、傷んだ所だけを新しい材料で補修します。

そうする事によって、文化財としての価値を損ねないようにする事ができます。

古材と同じ材種の材料を使い、なるだけ木目を合わせる様に配慮し、最終的には古色塗装を施し納めます。

繕い作業は、手間のかかる作業です。
新しい材料で納めてしまったのが、時間も短縮できますが。

こういった地道な作業が、建物の価値を下げずに後世に残していける仕事だと思います。

株式会社内柳(うちりゅう)
〒368-0005 埼玉県秩父市大野原351-1
TEL:0494-23-1118
FAX:0494-26-5118

この記事を書いた人

カテゴリー お知らせ

関連記事

【古民家】

【古民家】

㈱武蔵国再生匠舎さんの古材再利用にて行う事業にて蔵、小屋梁の刻みを行っています。写真の材は明治初め頃 …

少額短期保険募集人

少額短期保険募集人

賃貸物件等で契約時に家財保険等加入される方が多くいらっしゃると思います(^-^) その保険取扱・契約 …

【弊社手拭い新色】

【弊社手拭い新色】

新年に向けての準備。挨拶まわりにお配りさせて頂く、弊社の手拭いが今回も仕上がりました♪毎回手拭いの色 …

最近の投稿

2023/01/27

【二級から一級へ】

2023/01/16

【地鎮祭】

2023/01/16

【棟梁研修】1/10

2023/01/05

【奉安殿】

2023/01/01

【謹賀新年】