お知らせ

投稿日:

【繕い】

日本の文化財建造物の修理方法は、できる限り古材を使い、傷んだ所だけを新しい材料で補修します。

そうする事によって、文化財としての価値を損ねないようにする事ができます。

古材と同じ材種の材料を使い、なるだけ木目を合わせる様に配慮し、最終的には古色塗装を施し納めます。

繕い作業は、手間のかかる作業です。
新しい材料で納めてしまったのが、時間も短縮できますが。

こういった地道な作業が、建物の価値を下げずに後世に残していける仕事だと思います。

株式会社内柳(うちりゅう)
〒368-0005 埼玉県秩父市大野原351-1
TEL:0494-23-1118
FAX:0494-26-5118

この記事を書いた人

カテゴリー お知らせ

関連記事

【記録撮影】

【記録撮影】

基礎工事から建前までを編集して頂きました(^^)ドローン撮影での屋根上作業風景では、秩父盆地ならでは …

設備導入!

設備導入!

本日で平成も最後!午後5時にはテレビの前にいなけば!!と忙しく朝からトラックを走らせ弊社工場へ導入す …

【相続登記の義務化】

【相続登記の義務化】

ここ最近ニュースで取り上げがありましたが、空家等放置され危険な状態の建物など所有者不明な建物の相続人 …

最近の投稿

2022/04/24

【NAZELABさま】

2022/04/23

【建設工事】

2022/04/13

【土庇】

2022/03/11

【繕い】

2022/02/03

【子育て世帯や若者夫婦世帯必見!!】