お知らせ

投稿日:2020年3月11日 更新日:

【土蔵改修】

とある土蔵改修工事の現場打合せ時に見つけました安永6年(江戸中期終わり頃)の外部蔵引戸裏壁に明治期に越後から来た職人方の筆書きが残っていました。
漆喰壁に綺麗に残っています(^^)
写真にはありませんが、愚痴が書いてある落書きもあるとのこと、当時の職人達の雰囲気が伝わってきます(^^)
古い建物には結構よくある事で、解体や改修で剥がさないと見えない所に書いてあります。
落書きも当時の様子が分かる貴重な記録ですね(^^)

株式会社内柳(うちりゅう)
〒368-0005 埼玉県秩父市大野原351-1
TEL:0494-23-1118
FAX:0494-26-5118

この記事を書いた人

カテゴリー お知らせ

関連記事

台風15号被災地へ

台風15号被災地へ

学生の時からの友達が電気外線工事をやっており一昨日より木更津へ復旧応援にて現場へ行っています。 月曜 …

伝統技術

伝統技術

昨日、日本伝統建築技術保存会より今年度の「伝統建築技術研修」の受講資格決定の通知を頂きました。 社寺 …

【釿(ちょうな)】

【釿(ちょうな)】

木材を仕上げるには一般的には鉋(かんな)仕上げが主流ですが今回は釿での仕上げ。鉋のツルツルした肌触り …

最近の投稿

2024/03/30

【大型家具】

2024/03/20

【家具屋さん】

2024/02/14

【手摺り】

2023/12/28

【仕事納め・辰年絵馬】

2023/12/23

【埋木】