お知らせ

投稿日:

【化粧桁】

丸太敷梁(古材)を受ける桁材の加工。
古材は長い年月により木肌が真っ黒になっているのですが、それを受ける化粧桁は写真の通り新規材ですので無垢の杉肌がとても綺麗な仕上がり!
古材に合わせ古色に塗る予定ですがこの木肌を見るとなんとももったいない気がして塗装をためらってしまいます^^;

株式会社内柳(うちりゅう)
〒368-0005 埼玉県秩父市大野原351-1
TEL:0494-23-1118
FAX:0494-26-5118

この記事を書いた人

カテゴリー お知らせ

関連記事

【基礎工事】

【基礎工事】

冬場の基礎工事は建設工事の中でも気を使う工事となります。何故ならば、気温。秩父ですとこの時季−5度は …

【本朝風下屋根】

【本朝風下屋根】

主屋の外壁はガルバリウム鋼板センターサイディング張り、屋根の形も軒の出も、一般的な専用住宅の仕様の建 …

【古材生けどり】

【古材生けどり】

減築に伴う、土蔵現場にて解体部分からの古材を転用し再度構造材として利用をする為「生けどり」行いました …

最近の投稿

2024/02/14

【手摺り】

2023/12/28

【仕事納め・辰年絵馬】

2023/12/23

【埋木】

2023/11/24

【釿(ちょうな)】

2023/11/22

【仕入れ先】