お知らせ

投稿日:

【古材生けどり】

減築に伴う、土蔵現場にて解体部分からの古材を転用し再度構造材として利用をする為「生けどり」行いました。
「生けどり」とはその再利用材を摘出する事を言います。古くても良いものは充分に使えます、手間はかかりますが更に後世に残せる手段です。

株式会社内柳(うちりゅう)
〒368-0005 埼玉県秩父市大野原351-1
TEL:0494-23-1118
FAX:0494-26-5118

この記事を書いた人

カテゴリー お知らせ

関連記事

【建物の保存・維持】

【建物の保存・維持】

昭和7年築、某病院旧玄関になります。一見、石造の様に見えますが木造の建物なんです。外壁は左官による御 …

古民家再生

古民家再生

旧酒蔵土蔵改修の様子です。減築にともなって解体し生けどりした古材を使い柱・梁を新たに補強として組み合 …

【高欄修理】

【高欄修理】

高欄平桁の既存部材が破損され、縁あって修理のご依頼を頂きました、無事に梅雨入り前ギリギリに修理工 …

最近の投稿

2024/03/30

【大型家具】

2024/03/20

【家具屋さん】

2024/02/14

【手摺り】

2023/12/28

【仕事納め・辰年絵馬】

2023/12/23

【埋木】