お知らせ

投稿日:

【古材生けどり】

減築に伴う、土蔵現場にて解体部分からの古材を転用し再度構造材として利用をする為「生けどり」行いました。
「生けどり」とはその再利用材を摘出する事を言います。古くても良いものは充分に使えます、手間はかかりますが更に後世に残せる手段です。

株式会社内柳(うちりゅう)
〒368-0005 埼玉県秩父市大野原351-1
TEL:0494-23-1118
FAX:0494-26-5118

この記事を書いた人

カテゴリー お知らせ

関連記事

【木鼻】

【木鼻】

彫刻物が入ってくると建物の雰囲気が出てきます(^^)木彫の模様。私達は絵様(えよう)と呼んでいますが …

秩父市大野原分譲予定地

秩父市大野原分譲予定地

市内大野原にて3区画分譲予定地の造成工事に入りました(^-^)♪造成完了まではもう少し掛かりますが、 …

本町!(もとまち)

本町!(もとまち)

日本三大曳山祭の1つ、秩父夜祭りにて曳航されます本町屋台!その収蔵庫扉の塗装工事を守屋八潮さんが施工 …

最近の投稿

2022/09/28

【消防団協力事業所】

2022/08/11

【200年振りの再上棟】

2022/07/27

【継手】

2022/07/13

『献花』

2022/06/20

【調査業務】