お知らせ

投稿日:

【裏甲うらごう荒引き】

屋根の軒先部材になります裏甲(うらごう)の荒引き作業。
軒反りがついている部材は大きな角の部材から反り引きをします。
これだけの反りを角から引きますと、木材の捻れが発生します。ですので1度大きめに荒引きをし捻らせて木材を落ち着かせてから再度加工をしていきます。

反りが大きければ写真のように引き落とし材も大きくなりますが、これは裏甲としては使わない材料になってしまいます。
“そつ”になるとはまさしくこの事、
社寺建築ではそつになる部材が多くあります、無駄になるわけではないですが、美しい建物を建てるにはそつも必要になってきます(^^)

株式会社内柳(うちりゅう)
〒368-0005 埼玉県秩父市大野原351-1
TEL:0494-23-1118
FAX:0494-26-5118

この記事を書いた人

カテゴリー お知らせ

関連記事

【本町屋台組立・日伝建講習】

【本町屋台組立・日伝建講習】

本日は梅雨のお手本のような空模様の中、本町屋台の組み立てでした。 本来ならば職方の自分も組み立てに居 …

【丸柱仕上げ】

【丸柱仕上げ】

丸柱を丸くするには、四角形の角材をまずは8角形にして(2枚目写真)それから16角形、それから32角、 …

最近の投稿

2022/09/28

【消防団協力事業所】

2022/08/11

【200年振りの再上棟】

2022/07/27

【継手】

2022/07/13

『献花』

2022/06/20

【調査業務】