お知らせ

投稿日:

【裏甲うらごう荒引き】

屋根の軒先部材になります裏甲(うらごう)の荒引き作業。
軒反りがついている部材は大きな角の部材から反り引きをします。
これだけの反りを角から引きますと、木材の捻れが発生します。ですので1度大きめに荒引きをし捻らせて木材を落ち着かせてから再度加工をしていきます。

反りが大きければ写真のように引き落とし材も大きくなりますが、これは裏甲としては使わない材料になってしまいます。
“そつ”になるとはまさしくこの事、
社寺建築ではそつになる部材が多くあります、無駄になるわけではないですが、美しい建物を建てるにはそつも必要になってきます(^^)

株式会社内柳(うちりゅう)
〒368-0005 埼玉県秩父市大野原351-1
TEL:0494-23-1118
FAX:0494-26-5118

この記事を書いた人

カテゴリー お知らせ

関連記事

内装調度品

内装調度品

御社殿の遷座祭・竣工式も近づき内装調度品の取り付けを行っています。雰囲気が変わりますね(^-^) 神 …

【土蔵改修】

【土蔵改修】

とある土蔵改修工事の現場打合せ時に見つけました安永6年(江戸中期終わり頃)の外部蔵引戸裏壁に明治期に …

【勤労奉仕】

【勤労奉仕】

今年最初で最後の武蔵御陵清掃奉仕でした、毎年3月から年間5回奉仕へ参加しておりますが、コロナとともに …

最近の投稿

2020/11/26

【勤労奉仕】

2020/10/20

【埼玉新聞10/18】

2020/09/07

【記録撮影】

2020/08/25

【職業訓練指導員講習】

2020/08/21

【野隅木】