お知らせ

投稿日:

【裏甲うらごう荒引き】

屋根の軒先部材になります裏甲(うらごう)の荒引き作業。
軒反りがついている部材は大きな角の部材から反り引きをします。
これだけの反りを角から引きますと、木材の捻れが発生します。ですので1度大きめに荒引きをし捻らせて木材を落ち着かせてから再度加工をしていきます。

反りが大きければ写真のように引き落とし材も大きくなりますが、これは裏甲としては使わない材料になってしまいます。
“そつ”になるとはまさしくこの事、
社寺建築ではそつになる部材が多くあります、無駄になるわけではないですが、美しい建物を建てるにはそつも必要になってきます(^^)

株式会社内柳(うちりゅう)
〒368-0005 埼玉県秩父市大野原351-1
TEL:0494-23-1118
FAX:0494-26-5118

この記事を書いた人

カテゴリー お知らせ

関連記事

【山車・高欄】

【山車・高欄】

高欄架木が仕上がりました(^^)こんな感じで内部で交差しております、納めてしまえばわからなくなってし …

内装調度品

内装調度品

御社殿の遷座祭・竣工式も近づき内装調度品の取り付けを行っています。雰囲気が変わりますね(^-^) 神 …

現代風神棚

現代風神棚

最近は新しい住宅を建てても神棚を造らなかったり、あっても達磨さんだけ置いてあったり。。(^-^;なの …

最近の投稿

2021/05/05

【地元町会へ】

2021/04/28

【相続登記の義務化】

2021/04/23

2021/04/02

【建物の保存・維持】

2021/03/15

【不法投棄パトロール】