お知らせ

投稿日:

【裏甲うらごう荒引き】

屋根の軒先部材になります裏甲(うらごう)の荒引き作業。
軒反りがついている部材は大きな角の部材から反り引きをします。
これだけの反りを角から引きますと、木材の捻れが発生します。ですので1度大きめに荒引きをし捻らせて木材を落ち着かせてから再度加工をしていきます。

反りが大きければ写真のように引き落とし材も大きくなりますが、これは裏甲としては使わない材料になってしまいます。
“そつ”になるとはまさしくこの事、
社寺建築ではそつになる部材が多くあります、無駄になるわけではないですが、美しい建物を建てるにはそつも必要になってきます(^^)

株式会社内柳(うちりゅう)
〒368-0005 埼玉県秩父市大野原351-1
TEL:0494-23-1118
FAX:0494-26-5118

この記事を書いた人

カテゴリー お知らせ

関連記事

謹賀新年

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。 新春を寿ぎ 謹んでごあいさつ申し上げます 旧年中は格別のご厚情 …

【古民家】

【古民家】

㈱武蔵国再生匠舎さんの古材再利用にて行う事業にて蔵、小屋梁の刻みを行っています。写真の材は明治初め頃 …

【法令遵守指導】

【法令遵守指導】

宅地建物取引を業として行うにあたり、一般消費者が取引業者事務所にて定められた掲示物を確認でき安心して …

最近の投稿

2024/03/30

【大型家具】

2024/03/20

【家具屋さん】

2024/02/14

【手摺り】

2023/12/28

【仕事納め・辰年絵馬】

2023/12/23

【埋木】