お知らせ

投稿日:

古民家再生

旧酒蔵土蔵改修の様子です。
減築にともなって解体し生けどりした古材を使い柱・梁を新たに補強として組み合わせ、傷んだ桁も取り替えし屋根をふさぎました。
写真の梁材は201年前の材料、樹齢を入れれば250年は経っています。地松の梁の為、再加工をした時はまだ油分が残っており継ぎ手部がツルツルしております、古くても良いものは充分使える。
近年は価格差から米松がよく使われます、
悪くはないです、ですが国産の松とは断然違います。

株式会社内柳(うちりゅう)
〒368-0005 埼玉県秩父市大野原351-1
TEL:0494-23-1118
FAX:0494-26-5118

この記事を書いた人

カテゴリー お知らせ

関連記事

【古材再利用】

【古材再利用】

古材と新規材の仮組み作業大きな建物ではないので仮組みをする程ではありませんが、コロナ禍での出張現場に …

【想い出】

【想い出】

片付け中に、弟子時代の懐かしい写真が出てきてしまいました。 今のご時世ではとても考えられない、、、、 …

瓦  立ち物

瓦 立ち物

本葺き唐破風屋根の立ち物取り付けを行ってもらってます(^-^) 建物は1年半前に出来てましたが、瓦屋 …

最近の投稿

2022/09/28

【消防団協力事業所】

2022/08/11

【200年振りの再上棟】

2022/07/27

【継手】

2022/07/13

『献花』

2022/06/20

【調査業務】