お知らせ

投稿日:

古民家再生

旧酒蔵土蔵改修の様子です。
減築にともなって解体し生けどりした古材を使い柱・梁を新たに補強として組み合わせ、傷んだ桁も取り替えし屋根をふさぎました。
写真の梁材は201年前の材料、樹齢を入れれば250年は経っています。地松の梁の為、再加工をした時はまだ油分が残っており継ぎ手部がツルツルしております、古くても良いものは充分使える。
近年は価格差から米松がよく使われます、
悪くはないです、ですが国産の松とは断然違います。

株式会社内柳(うちりゅう)
〒368-0005 埼玉県秩父市大野原351-1
TEL:0494-23-1118
FAX:0494-26-5118

この記事を書いた人

カテゴリー お知らせ

関連記事

【子育て世帯や若者夫婦世帯必見!!】

【子育て世帯や若者夫婦世帯必見!!】

こどもみらい住宅支援事業がはじまります。こどもみらい住宅支援事業は、子育て支援及び2050年カーボン …

秩父市大野原分譲予定地

秩父市大野原分譲予定地

市内大野原にて3区画分譲予定地の造成工事に入りました(^-^)♪造成完了まではもう少し掛かりますが、 …

【古民家】

【古民家】

㈱武蔵国再生匠舎さんの古材再利用にて行う事業にて蔵、小屋梁の刻みを行っています。写真の材は明治初め頃 …

最近の投稿

2024/03/30

【大型家具】

2024/03/20

【家具屋さん】

2024/02/14

【手摺り】

2023/12/28

【仕事納め・辰年絵馬】

2023/12/23

【埋木】