お知らせ

投稿日:

【香取神宮社木材】

写真で見ても分かる通り、節部分や木目も一見では魅力を惹く様な板ではありません。長い事在庫で寝ていたのを縁あって弊社にて応接用テーブルとして使用する事になりました。
材の見た目や美しさも建物や家具、木材製品には必須ですが、各々の木がどのような環境で、どのように育ち、育てられたか、その木材の生立ちも大事と考えております。

社寺建築に携わる身として誇りに思い使わせて頂きます。

株式会社内柳(うちりゅう)
〒368-0005 埼玉県秩父市大野原351-1
TEL:0494-23-1118
FAX:0494-26-5118

この記事を書いた人

カテゴリー お知らせ

関連記事

【消防団協力事業所】

【消防団協力事業所】

10月1日より秩父市消防団協力事業者として新規交付を先立って受けました。小さな会社ですが、役員も社員 …

伝統技術

伝統技術

昨日、日本伝統建築技術保存会より今年度の「伝統建築技術研修」の受講資格決定の通知を頂きました。 社寺 …

【埼玉新聞10/18】

【埼玉新聞10/18】

18日掲載の「建設業法70年を超えて」の記念掲載に協賛させて頂きました。建設業許可は信頼の証!ウッデ …

最近の投稿

2023/01/27

【二級から一級へ】

2023/01/16

【地鎮祭】

2023/01/16

【棟梁研修】1/10

2023/01/05

【奉安殿】

2023/01/01

【謹賀新年】