お知らせ

投稿日:

【化粧小屋組】

解体時に生け取りした古材で、再利用できる材を今回の新築工事にも活かして使用しております。

お施主さまも、江戸時代から残る古い屋敷の一部を利用してもらいたいとの希望により。

家族が集うリビングに見えるように配置し納めました。

見方によっては、ただの古い材料かもしれませんが。
その材の価値は、当時の職人達の仕事の施しと、悠久の時間を経た、代わるもののない唯一の物であると思います。

坂東も入梅いたしました。

引き継ぎ残りの工事に励みたいと思います。

株式会社内柳(うちりゅう)
〒368-0005 埼玉県秩父市大野原351-1
TEL:0494-23-1118
FAX:0494-26-5118

この記事を書いた人

カテゴリー お知らせ

関連記事

【差し合わせ】

【差し合わせ】

八角堂桁の刻み・仕上げが終わり差し合わせ作業。差し合わせとは、化粧の部材同士が組合わさる箇所を事前に …

【繕い】

【繕い】

日本の文化財建造物の修理方法は、できる限り古材を使い、傷んだ所だけを新しい材料で補修します。 そうす …

設備導入!

設備導入!

本日で平成も最後!午後5時にはテレビの前にいなけば!!と忙しく朝からトラックを走らせ弊社工場へ導入す …

最近の投稿

2024/03/30

【大型家具】

2024/03/20

【家具屋さん】

2024/02/14

【手摺り】

2023/12/28

【仕事納め・辰年絵馬】

2023/12/23

【埋木】